Pebble Coding

プログラマーの作業メモ

ハードドライブのMacBookProでXcodeビルド時間を短縮する方法

ハードドライブのMacBookProでXcodeビルド時間を短縮する方法です。

MacBookProではハードドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)の2種類が選べます。 Xcodeで開発する人はSSDを選ぶべきです。 小さなサンプルをビルドするだけならよいですが、ソース量が多くなるほど、 ビルドにかかる時間の違いが体感できるほど違います。 私の体感だと、1.5倍くらいでしょうか。

会社から支給されたマシンが運悪くハードドライブの場合でも、SSDを使う方法はあります。 USB3接続の外付けSSDドライブを使うことです。 現在のMacBookProはUSB3ハブが標準装備なので、USB3であれば、ビルド時間の差を体感できます。 USB2では体感できないかも知れませんのでご注意下さい。

ちなみに私はこれを使っています。

バーベイタム USB3.0用 外付けSSD 128GB Store 'n' Go 47622

バーベイタム USB3.0用 外付けSSD 128GB Store 'n' Go 47622

USB3の外付けSSDドライブであれば、何でもよいと思います。