Pebble Coding

プログラマーの作業メモ

Windowsでgo環境を作る場合の備忘録

Windowsにgoをインストールする場合

ここ https://golang.org/dl/

にあるインストーラー go1.8.windows-amd64.msi

をダウンロードして実行する

GOROOTはC:\go\ となる。

GOPATHは未設定の状態となるので、デフォルトでは %USERPROFILE%\go となる。

goのソースは一つのユーザー環境で一カ所にしか置けない構造にしないといけない。

例えば、D:\develop\にgoのソースを置きたければ、

GOPATHという環境変数にD:\develop\goと入れればよい。

「システム」-「システムの詳細設定」-「環境変数

例えばsampleというアプリを作るのであれば、 D:\develop\go\src\sample というフォルダを作る gitリポジトリはD:\develop\go\で初期化すればいいだろう。

Windows8環境でHTTPサーバを立ち上げる場合、 「コントロールパネル」-「Windowsファイアウォール」-「Windowsファイアウォールの有効化」でファイアウォールを切っておく必要がある。