Pebble Coding

プログラマーの作業メモ

IT 前職で良かったところ、悪かったところ

もう大分前の話になるが、前職での良かったところ、悪かったところをメモしておく。

ソースコードレビューが一切ない。

自分の好きなようにコードを書けるのはいいが、他の人の書いたソースの品質が恐ろしく低い。作りかけのままコミットして、テスト担当者に渡しているという恐ろしいことをしている人がいた。まあ、コードレビューというより、マネージメントの問題だが。ちなみに今もソースコードレビューはない。

ディレクトリによるソースバージョン管理

今思うと考えられない。その辺りの技術知識のある人は一人もいなかった。今はgitが手放せない。

システムのトラブル対応で深夜に呼び出される。

いのちだいじに。今は深夜残業、土日出勤は皆無。

見積が無視される偽装請負

見積もっても、人数と期間がその値にはならず、短くなる。日本のSIerでは今後もこの構造は変わらないだろう。

大規模システムなので、いろんな人と関わることができる。

これはメリットだった。仕事の一体感、充実感が得られる。結果、多少なりともコミュ力がついた気がする。