Pebble Coding

プログラマーの作業メモ

Xcode with XVim と MacVim を平行して使う

私は、Xcode with XVim と MacVim を平行して使っているのですが、これをやるためには、Xcodeで開いているソースファイルをカーソル位置を保存した状態でMacVimで開けないと正直やってられません。
この機能が動くようにする手順を書いておきます。

手順1)
JugglerShuさんのXVimのmasterブランチには、この機能は入っていないので、
以下のリポジトリのmasterブランチ(安定版)またはpebbleブランチ(最新版)をcheckoutし、ビルドします。
https://github.com/pebble8888/XVim

手順2)
~/.xvimrcファイルに以下の内容を設定します。

noremap ,t :execute "!/Applications/mvim +" . line(".") . " %"<CR>

手順3)
/ApplicationフォルダにMacVimを開くmvimファイルを置きます。

使い方)
Xcode上で,tとタイプすると、カーソル位置を保存して開いているファイルをMacVimで開いてくれます。

f:id:pebble8888:20140302224824p:plain

f:id:pebble8888:20140302224849p:plain