Pebble's Diary

プログラマーの作業メモ

Kaoriya版MacVim利用時のTIPS

Kaoriya版MacVimで嫌なのが、設定を~/_gvimrcファイルに書かなくてはいけないこと。 これが嫌でオリジナルMacVimを使っていたのだが、日本語入力中におかしくなったり、 制御コードを含むSJISファイルのDiffが文字化けしたり、残念すぎるので、Kaoriya版MacVimに リトライしてみた。 そこで、シンボリックリンクにすれば、いいんじゃね?と思いついた。

ln -s ~/.vimrc ~/_gvimrc

Windows版も同じ現象になやまされ、どうしようとおもったが、 WindowsVistaからシンボリックリンクが作れるようになったらしい。 知らなかった。 mklinkというコマンドを使うが、admin権限でないといけない。

mklink c:\Users\pebble8888\_gvimrc c:\Users\pebble8888\.vimrc

なお、Windows8以降で、admin権限でコマンドプロンプトを開くには、[Windowsキー]+[x]で メニューから「コマンドプロンプト(管理者)」を選択することで簡単に開ける。