Pebble Coding

プログラマーの作業メモ

swift

swift3でCoreAudioを使う 録音編

CoreAudio/swift3で録音を行うサンプルです。 iPhoneのマイクから取得した音声データをレベル値に変換して画面に表示します。 import Foundation import AVFoundation import AudioUnit class MyAudioRecorder: NSObject { var level: Float = 0.0 var frame…

iOS11 Audio関連機能(2017)

iOS11 Audio関連で追加された機能で気になったものをまとめておきます。 内容はここで見ることができます。 今年からApple Developer登録していない方でもVideoが見られるようになったようです。 (WWDC 2017に見た新しい教材のあり方|MacFan) developer.app…

swift であらゆるデータをHex表示してデバッグする

Xcodeのデバッガではswiftオブジェクトの中身を表示しても生のデータを表示してくれず、デバッグしづらいです。 (C/C++なら大丈夫ですが。) あらゆるものを16進Hex表示の文字列にしてデバッグに使いましょう。 public protocol HexRepresentable { func hexD…

swift3 IntegerArithmaticプロトコル

IntegerArithmeticプロトコルを実装するには、以下8つの関数を定義する必要がある。 最初の2つはComparableである。 static func ==(lhs: M, rhs: M) -> Bool static func <(lhs: M, rhs: M) -> Bool static func addWithOverflow(_ lhs: M, _ rhs: M) -> (…

swift3 Comparableプロトロル

Comparableプロトコルを作るには、 static func <(lhs: Even, rhs: Even) -> Bool static func ==(lhs: Even, rhs: Even) -> Bool の2つを実装すればよい。 struct M : Comparable { var val:Int static func <(lhs: M, rhs: M) -> Bool { return lhs.val <…

swift3 Collectionプロトコル

Collectionプロトコルを作るには、 startIndexプロパティ,endIndexプロパティ,subscript,index(after:) の4つを実装する必要がある。 Collection - Swift Standard Library | Apple Developer Documentation ここでは奇数を返すコレクションOddを作ってみた…

swift3 Sequenceプロトコル

Sequenceプロトコルの例 ここでは1以上の奇数を順番に返すものを作ってみた。ちなみにIntの範囲を超えるとクラッシュするが気にしないでもらいたい。(^ ^) struct Odd : Sequence, IteratorProtocol { typealias Element = Int private var v:Element = 1 pu…

swift preconditionとassertの違い

swiftにはassertさせる関数がいっぱいあって困ります。 1) assert() let ary = [1, 2, 3] let i = 3 assert(i < ary.count) print("\(ary[i])") assertion failed: file /develop/aaa/aaa/ViewController.swift, line 18 2) precondition() let ary = [1, 2,…

swfit 負数の除法

swift,C,Javaとruby, python,perlでは、 負数を割り算や剰余に使った場合、結果が異なる。 python 剰余 7 % 3 -> 1 7 % -3 -> -2 -7 % 3 -> 2 -7 & -3 -> -1 swift 剰余 7 % 3 -> 1 7 % -3 -> 1 -7 % 3 -> -1 -7 % -3 -> -1 python 商 7 / 2 -> 3 7 / -2 -> …

swift 循環参照

swift 循環参照の一例を挙げます。 iOSのソースを例にとります。 ViewController.swift import UIKit class ViewController: UIViewController { override func viewDidLoad() { super.viewDidLoad() let model = Model() model.action() } } Model.swift im…

Rx メモ

RxSwiftとRxCocoaの区別がわかりづらいのでメモ。 RxCocoaはUIKit,NSFoundationなどに特化したiOS/macOS環境特有の機能。 RxSwift combileLatest 仕様:複数の変数のいずれかが変更された場合にそれぞれの最新の値をまとめて受け取る 使い道:2つのUITextField…

RxSwift 超入門その3

class GeolocationViewController: ViewController { @IBOutlet weak private var noGeolocationView: UIView! @IBOutlet weak private var button: UIButton! @IBOutlet weak private var button2: UIButton! @IBOutlet weak var label: UILabel! override …

RxSwift 超入門その2

let minimalUsernameLength = 5 let minimalPasswordLength = 5 class SimpleValidationViewController : ViewController { @IBOutlet weak var usernameOutlet: UITextField! @IBOutlet weak var usernameValidOutlet: UILabel! @IBOutlet weak var passwor…

RxSwift 超入門その1

0)環境: Xcode8.2.1 1) 新規iOSプロジェクトaaaを作成する。 2) aaaフォルダに新規ファイルPackage.swiftを以下の内容で作成する。 import PackageDescription let package = Package( name: "dummy", targets: [], dependencies: [ .Package(url: "https://…

swift Arrayでwhereを使う

swiftはモダンな言語なので、C言語風の書き方は極力排除されている。 Arrayでwhereがついているメソッドを使い条件式を表すクロージャを指定して結果を取得するケースは多い。 public struct Array<Element> : RandomAccessCollection, MutableCollection { // 条件を</element>…

swiftでwavファイル書き込みしてみる(AVAudioFIle)

iOSでWAVファイルを書き出す場合、 以前はAudioToolKitにあるAudioFileCreateWithURLを使っていましたが、 ここでは試しにiOS8,macOS10.10で追加されたAVFoundationにあるAVAudioFileを使ってみます。 まず、AVAudioFileのクラス定義をみてみます。 open cla…

swiftでFloat値の比較

swiftでは次のような演算子が定義されているので、FloatどうしやDoubleどうしの比較は 単純に==と!=で行えば良い。 FloatやDoubleはFloatingPointを継承しているため、この機能を持っている。 public func ==<T : FloatingPoint>(lhs: T, rhs: T) -> Bool public func !=<T : Equatable>(lhs: T</t></t>…

swift アクセス制御

open どこからでもサブクラスの作成、上書き定義可能 public このクラスを定義したモジュール内部でのみサブクラスの作成、上書き定義可能 internal (省略時) 定義を含むソースファイルと同じモジュール内部からアクセス可能 private クラスや構造体の定義単…

swift extensionで一回だけ実行されるグローバル定数宣言の仕方

こうすればいいらしい。 extension DateFormatter { public static let standard: DateFormatter = { let obj = DateFormatter() obj.locale = Locale(identifier:"en_US_POSIX") return obj }() }

swiftでsingleton

swiftでSingletonを書く場合、こうすればいいらしい。 class MySingleton { static let shared = MySingleton() private init() {} } The Right Way To Write a Singleton — KrakenDev

詳説 AudioStreamBasicDescription / AVAudioFormat

CoreAudioでよく使われるAudioStreamBasicDescription これはC言語の構造体で使いづらいです。 macOS10.10, iOS8以降ではAVAudioFormatと相互変換できますので、これを経由するとコーディングが簡単になります。 まずは実例を見ていきます。 よく使われる.wa…

iOS10のSpeechToText APIを使って日本語PodCastをテキスト化してみる

iOS10で公開されたSpeechフレームワークを使って日本語PodCastをテキスト化してみました。 結果から言うと、テキスト化は可能でしたが、品質はかなり悪く実用として厳しかったです。 某IT系PodCastのファイルを食わせて見たんですが、 「ジャバスクリプト」…

C言語のsizeofをswiftで書くにはMemoryLayout<T>.size

タイトルそのままです。 struct Hoge { var a: Int32 var b: Int32 } MemoryLayout<Hoge>.size // 8</hoge>

Arrayにおけるmap, flatMapの動作(swift3)

ググると引っかかるのか今だにswift2のドキュメントなので、swift3用のメモ let a = [1, 2, 3] let b = a.map { Array(repeating: $0, count: $0) } print(b) // [[1], [2, 2], [3, 3, 3]] let c = [1, 2, 3] let d = c.flatMap { Array(repeating: $0, coun…

enum Optional<Wrapped> の map, flatMapメソッド

swiftのソースでmapとflatMapというメソッドがよく出てくるのだが、このメソッド名からは想像できない動作をするのでメモしておく。 (メソッド名変えてくんないかな。。) Optionalの定義を見ると次のようになっている。 public enum Optional<Wrapped> : ExpressibleB</wrapped>…

swift 2つの連続する矢印

swiftでこんなソースが出てきた。-> が2つ連続しているが意味がすぐには分からない。 func multi(val:Int) -> (val:Int) -> Int { return { a_val in return a_val * val } } 省略されている()を書くとこうなる。 func multi(val:Int) -> ((val:Int) -> Int)…

swift ComparableIndex

swiftのComparableプロトコルはEquatableプロトコルを継承しているので、Comparableと同じことがしたいがEquatableは実装したくないという時に使えない。 その場合、Comparableに相当するプロトコルだけを自分で実装すれば良い。 public protocol Comparable…

PromiseKit4.0 (swift3)を使ってみた 2016年11月

swift3で作ったiOSアプリでサーバーへHTTPリクエストを複数回投げる場合に、 普通に作ると、正常ケース、異常ケースの処理があちこちにばらけて、ソースが汚くなります。 PromiseKitを使ったところ、ソースが短く、処理も追いやすくて素晴らしかったので、メ…

swiftでフェルマーの素数定理をInt64の範囲内で確認してみる

最近、素数の本を読んで面白かったので、 フェルマーの素数定理 任意のp:素数 n:自然数に対して、np - n を p で割った余りは 0 である。 をswiftで数値計算でInt64の範囲でいいから確認してみたい欲求に駆られ、実装してみました。 import Foundation infix…

swift C言語形式のループの置き換え

swift3ではC言語形式のループが廃止されます。 swift2.2の現時点では、deprecatedになっています。 書き換え方がわかりずらいのでメモ print("case to") for i in 0.stride(to:2, by:1) { print(i) } for i in 0..<2 { print(i) } print("case through") for…